「10/23漢検 10/31算数数学検定」受検受付中(外部生受検可)

2019年3月号 | 創明館便り

水仙(スイセン)の茎の芽を発見したのは1月半ばだった。
その芽との出合いはいつも突然のことである。
まだまだ寒い時期、土の中からニョキッとその姿を見せつけ、
「われここに 地上に花を 咲かせむとす」
そんな気概を感じさせるスイセンである。
土中の球根は確かに確かに豊かになって、
年を追うごとにその芽をたくましくしてくる。
落葉した枝に見つける新芽との出合いも大好きだが、
地中から突然のごとく現れるスイセンの新芽には感動を覚える。
「エールを送ってもらっている」
そう感じさせられる。
新年度が始まろうとしている。
「春」この時期の新年度始まりこそ、
日本の風土にマッチした最良の時期である。
四季の移ろいの中で、
新年度を迎え入れる人々へのエールを送れるのは春しかないように思う。
季節がもたらす自然からの「無言のエール」。
そんなエールを心に感じ、留める瞬間が得られるのは嬉しい。
受験という節目を経て、
新年度を迎える卒塾生たちにもそれぞれに
「無言のエール」を感じ取ってもらいたいな、と思う。

創明館便り
この記事を書いた人
創明館 吉田

塾代表 吉田聡彦 : 練馬区高松(光が丘・夏の雲公園前)にある小学生・中学生・高校生向けのグループ/個人の学習塾を運営しています。
塾運営での想い、感じたこと、発信したいことなどを更新しています。

創明館 吉田をフォローする
創明館(そうめいかん)
タイトルとURLをコピーしました