「10/23漢検 10/31算数数学検定」受検受付中(外部生受検可)

2012年8月号 | 創明館便り

中学3年生と高校3年生、ともに受験生として夏を迎え、
年明け早々から始まる入試に向けての勉強をしている夏講習。
年内残すところ5か月。
猛暑続きの夏の日々、一日一日長く感じられるも、残す夏の講習期間を長く感じるも、
9月になればいつしか過ぎ去った夏休み。
学校行事・定期考査に追われ、夕暮れの早さに気づくと、長袖シャツに身をくるむ。
とうとう師走に入ったと思ったら、あっという間にクリスマス。
「受験生に正月はない」なんていって勉強したとしても、
2週間後には「大学入試センター試験」。そして1か月後には都立高校の一般入試。
ここで塾にとっての受験期はほぼ終了する。

毎年繰り返される受験期間。入試は来年1月、2月だ。
来年のことだ。でも錯覚してはいけない。
入試までは半年あるかないかである。
「入試まで半年だ」と聞いて「やばい、時間がない」と思うのは大概は大学受験生。
勉強している受験生ほどやばさを感じる。それはそうである。
しなくてはいけない勉強の量を認識できているから。
勉強してない受験生はやばさを表現しても実感が薄い。
やばいといいつつ、具体的な行動が行えない。

高校受験生つまり中学3年生で、今この時期「時間がない」と思っているとは考えにくい。
中学3年生にとっては「受験生としての生活が半年もある」その長さを漠然と感じているだけ。
与えられたことをただこなす日々の講習だ。

すべての受験生が合否にかかわらず言うセリフ、「もっと早くから勉強しとけばよかった」。
そうなのだ。誰しもそう思うのだ。
同じ思うのであれば、安堵感とあわせて思ってほしい。
「合格できてよかった」と。  (吉田)

創明館便り
この記事を書いた人
創明館 吉田

塾代表 吉田聡彦 : 練馬区高松(光が丘・夏の雲公園前)にある小学生・中学生・高校生向けのグループ/個人の学習塾を運営しています。
塾運営での想い、感じたこと、発信したいことなどを更新しています。

創明館 吉田をフォローする
創明館(そうめいかん)
タイトルとURLをコピーしました