「10/23漢検 10/31算数数学検定」受検受付中(外部生受検可)

2013年3月号 | 創明館便り

「しんじつだけが魂をうつ」という言葉を相田みつをは書であらわしました。
人が生きていくうえで出合うしんじつ、感じるしんじつ。
「しんじつって何だろう?」って考えて、「そうか、魂に響いてくるものなんだ」って逆から考えて、
「魂をうつって、いったいどういうことなのだろう」なんてことを考えてみる。

3月に入り受験シーズンもほぼ終わりに近づいている。
悲喜こもごもの受験の結果に、人の心は動かされる。良しも悪しくも動かされる。なぜ動かされるのか? 
合否という結果、事実が人の心を動かすのではないことは確かだ。
受験結果にいたる過程があればこそ、そしてその過程を知っているからこそ心動かされるのである。
目標に向かって、努力する、精進する。
その姿のそこにあるしんじつを知っているからこそ、合否の結果に心動かされるのである。
「しんじつだけが魂をうつ」私がこの時期、仕事上感じるしんじつは得がたい、ありがたいものであることは確かだ。

新年度が始まろうとしている。
あらたなしんじつと向かい合っていく一年の始まりだ。と、意気込んでもまずは、ちょっと一息。
私がもっとも魂を打たれるしんじつとの出会いを求めて「山歩き」を楽しみます。

創明館便り
この記事を書いた人
創明館 吉田

塾代表 吉田聡彦 : 練馬区高松(光が丘・夏の雲公園前)にある小学生・中学生・高校生向けのグループ/個人の学習塾を運営しています。
塾運営での想い、感じたこと、発信したいことなどを更新しています。

創明館 吉田をフォローする
創明館(そうめいかん)
タイトルとURLをコピーしました