「10/23漢検 10/31算数数学検定」受検受付中(外部生受検可)

2019年1月号 | 創明館便り

俳人高浜虚子の句
「去年(こぞ)今年(ことし) 貫く棒の 如きもの」。
この句の「貫く棒」に「竹の棒」をイメージしてみた。
子供の頃、洗濯物は竹の棒つまり「竹竿」に干したし、
「屋根より高い『鯉のぼり』」だって竹竿にくくりつけて泳がせた。
長くて強くて軽い「棒」といえば
「竹」しかなかったのだ。
 竹の棒としての強さの理由の一つが
その「節」にあるのは間違いないだろう。
地下茎で繁殖成長する竹にとって、
地上の姿を維持するための強靭さを得るために
その節を持ち合わせているのだろう。
そんな「節」を虚子の句中の
「去年(こぞ)今年(ことし)貫く棒」に当てはめると、
「節」は「新年正月」に当てはめられそうである。
「節目」を迎えて新たな「区切り」を迎えて、
「心新たに始める」そんな新年が始まった。
「心機一転」「心新たに始める」
そんなチャンスを与えてくれる節のありがたさ。
竹にとっての節と同じように、
人の命もその節ゆえに、
強くしていけているのだろうと思っている。

創明館便り
この記事を書いた人
創明館 吉田

塾代表 吉田聡彦 : 練馬区高松(光が丘・夏の雲公園前)にある小学生・中学生・高校生向けのグループ/個人の学習塾を運営しています。
塾運営での想い、感じたこと、発信したいことなどを更新しています。

創明館 吉田をフォローする
創明館(そうめいかん)
タイトルとURLをコピーしました